来店相談を予約する

電話のアイコン0573-67-8758年中無休・24時間対応

良縁ステーション中津川(本部)永屋のつぶやき(昔話編)

2016.10.09 470 views

 素直に伝える。。。

いつも、ブツブツつぶやいている永屋ですが、今回は私、永屋自身の過去のお話を少し書かせていただこうと思います。

私、永屋、若い頃、恋愛が終わってしまう理由に、共通点がありました。

その共通点とは、別れ話の中で相手に、、

『1人で生きていけるよね』←これ女性として、1番言われてきつくて、ひっくり返りそうになりました。。

『家の中に男の人が2人いる』

『頼らないからかわいくない』、、、

いつの間にか彼の中の私は勝手に最強女になっているのです。。。

でも私側からすると、彼から言われた言葉ひとつひとつに、私なりの言い分もありました。

『1人でいきていける、、、、、』は、相手に依存してはいけないと思っていたから、、

『頼ったり、あまえたりしない、、、』は、、、逢いたいと思っても忙しいのがわかっているから、

困らせたくないと思っていたから、、、

でも、そんな言葉を言われても反論しないで、

『そうかもね、、、』と答える自分、、『そうではない』と、いう言葉さえも言えない自分、、

うーん、、言えないのではなく、あえて言わなかったのかもしれない、、

私のこと、みていてくれたら、私の本当の気持ちを見抜いてくれるはずという、期待の気持ちが心のどこかに

あったのです、、

でも、『この人は私の何を見ていたんだろう?』と、私ばかりが、悲しい思いをしている気になっていたけど、

相手もまた、自分を必要としてくれていない、男性として頼りにされていないと、せつない思いをさせてしまっていたかも

しれないと、私自身も、後で思うようになりました。。。

相手を気づかって、、って大切なことですが

お互いが相手を気づかって、言葉にしないでいることは、けしていいことばかりではないのです。

好きだからこそ、わかりあって、歩みよるためにも、自分の気持ちを、素直に言葉にして伝えたり、あまえたりすることも、

大切なことですよね。。

永屋の昔話にお付き合いいただいてありがとうございます!(笑)

あなたの恋活!婚活!応援します!!

良縁ステーション中津川(本部)

永屋由美子

TEL0573-67-8758

E-mail:nagaya@ryouen.jp

img_0418

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る

永屋由美子の新着記事はこちら